<code id="gyd3y"></code>
    1. <output id="gyd3y"><button id="gyd3y"><address id="gyd3y"></address></button></output>

      記事の二次使用

      記事や図版の転載?利用ご希望の方へ

      記事や図版の転載やコピーをご希望の方はこちらの記事利用ご案内ページを、抜き刷りの作成をご希望の方はこちらの抜き刷りご案内ページを、それぞれご参照ください。

      著者の方へ

      日経BP社が記事を二次使用することについて、以下にご説明いたします。

       日経BP社は、雑誌およびWebサイトの記事を各誌の縮刷版(CD/DVD等)や、本誌記事データベース、当社が運営または提携するWebサイトやサービスへ再利用することがあります。提携先はグループ企業のほか、当社と契約した第三者の企業または団体を含みます。

      二次使用の範囲

       雑誌およびWebサイトの記事を以下に掲出することがあります。そのために、記事の複製、電子データへの変換(変換に伴う合理的範囲での改変を含む)、送信可能化、公衆送信および配布を致します。

      1. 当社または当社と提携する第三者が運営するパソコン、携帯端末その他の機器向けのサイ?#21462;ⅴ岍`ルマガジンその他のサービス。例えば、当社の「日経ビジネスオンライン」、「日経 xTECH(日経クロステック)」、日本経済新聞電子版などを含みます。また、誌面をスキャンした画像データ、テキストデータおよび電子雑誌形態での配信を含みます。
      2. 当社が運営または提携する記事検索/データベース?サービス。例えば、当社の「日経BPビズボード」、日本経済新聞社の「日経テレコン」、株式会社ジー?サーチの「G-search」などです。また、これらの記事検索/データベース?サービスを当社と契約した第三者の企業または団体が社内向け?顧客向けに自社のサービスに組み込んで提供する場合を含みます。
      3. CD/DVD等の媒体に記録された本誌記事縮刷版、および特別編集版。
      4. 記事のリプリントサービス(抜き刷り)

      サマリ/抜粋の作成

       サイトに記事を掲載する場合、該当するページへ読者を誘導するために、タイトル、サマリ、記事の抜粋を社内外のサイトや当社のメールマガジンなどに掲出することがあります。RSS(ウェブサイト更新情報の自動配信)上の掲出となる場合もあります。記事の抜粋は、自動または手動で記事の一部を抜粋することにより、当社にて作成します。

      著者の方から日経BPへの、二次使用に関するお問い合わせはこちらまで。

      广西2016高考分数预测
      <code id="gyd3y"></code>
      1. <output id="gyd3y"><button id="gyd3y"><address id="gyd3y"></address></button></output>

        <code id="gyd3y"></code>
        1. <output id="gyd3y"><button id="gyd3y"><address id="gyd3y"></address></button></output>